相場というものは、例えば、上昇するとしても、単純に上昇するわけではなく、上に下に振れながら上昇します。
そこに薄利決済の罠が潜んでいます。


僕が今日実際にエントリーした場面です。1分足です。

青丸のところでエントリーしました。直後、上昇はしましたが、長い陰線を作って下がり始めました。

薄利決済を招く値動きだと思いませんか。僕は思います。


順調に利が乗った後、一気にその利幅が狭くなる。そして、建値付近まで戻ってくる。
損失は出したくはない…せめて1Pips、2Pipsぐらいで決済できれば…という思考になってしまう。

チャートをずっと見ていると、目標の利幅を設定しているのにも関わらず、そんな気持ちになってしまいがちです。


その後です。

一旦、建値付近まで戻りましたが、その後上昇していきました。
このトレードは直近高値付近で決済しました。



薄利決済は、勝ちトレードではあるものの、良いことではありません。むしろ悪いことだと思います。

損切りはルール通りの値幅で決済。
利食いはいつも薄利決済。

これではトータルプラスにはなかなか持っていけませんね。
エントリーしたら一直線にドーンと伸びてくれれば薄利決済なんてしなくて済むわけですが、相場はいつも上下に波を描きます。

僕自身、薄利決済したくなる気持ちはまだ残っているので、目標利幅まで待つことを徹底したいと思います。