トレードルールは、自分で決めたのなら、100%守るべきものです。

トレードルールを守らずともトレードは簡単にできてしまいますが、ルールを破って得られた利益は危険だと思っています。

実際に口座資産は増えているわけですが、喜べることではありません。

ルールを破っているので、そのトレードはある意味ギャンブルです。
僕自身は、ルール破りのトレードは全てギャンブルだと思っています。

ギャンブルトレードをしたくてFXをされているのなら、それはそれでいいと思っています。
ギャンブルで勝ったんですから、それは喜ぶべきです。

ですが、FXを始めた理由が資産運用目的なら、ルールを破って得られた利益は絶対に喜んではいけないです。

喜んでしまうと、そういう癖が付きます。
ルールを破っても勝つ時は勝つ、なのでまたやってしまう、という癖です。

この癖は非常に厄介で、結局のところ自分もこの癖が付いてしまっています。

ルールを破ったトレードでも、相場は上がるか下がるかしかありませんので、(リスクリワードを1:1とするなら)勝率は50%です。

1/2の確率で勝ってしまいます。
すると、ルールを破ったことはあまり問題視せず、増えた口座残高を見て喜びます。

喜んでしまうと、また同じことを繰り返します。


ルールを破ったことを問題視していないと、勝ったことに対して絶対に喜んでしまいます。口座資産が増えていますからね。

そして問題になってくるのは負けた時です。

ルールを破ってトレードをして負けたとします。

すると必ずこう思います。
「ルールを守ればよかった」
「ルールを守っていればこんなトレードをせずに済んだのに」と。

そして、これは経験則になりますが、ルールを守れなかったが故に出してしまった損失は、すぐに取り返したくなります。
ルールを守れなかった自分自身に腹が立ち、熱くなってしまうんです。

「今のトレードは無しにしたい」という気持ちも心のどこかであるのかもしれません。

そしてまた、ルールを破ってトレードをしてしまいます。

「ルールを破っても勝つ時は勝つ」という経験が、負のスパイラルを形成させる大きな原因になっています。

こうなってくると、何のためにトレードをしているのかわかりません。
完全なギャンブルトレードです。

ルールを破ったトレードは、勝っても負けても先にはつながりません。
もしそんなトレードをしてしまっても、それで得た利益は、喜ぶことなく、どうすればルールを守ってトレードをすることができるかを考えないといけません。