スキャルピング、1分足を用いたトレードにおいて、日足や4時間足を見る必要はあるでしょうか。

個人的には、見る必要はないと思っています。
実際に僕は見ていません。

見る場合は、1時間足チャートの左側にレジスタンスやサポートが見当たらない場合のみです。

「勝つためには日足などの長期の時間軸チャートを見ることが大事である」
というようなことがよく書かれていたりします。

個人的には、これは取りたい値幅によるのかな、と思います。



数Pips、数十Pips取りに行くのに長期時間足を見る必要はないと思っています。

それぐらいの値幅なら1時間足を見るだけで充分取れるからです。

チャートは、何に重きを置いて見るべきでしょうか。

僕は、トレードをする際に使用するチャートの、直近の相場の流れ、トレンドだと思っています。
僕自身は1分足を用いてトレードしていますので、1分足の上位時間軸、15分足や1時間足のトレンド、流れを気にしています。
というよりも、それしか気にしていません。

日足のトレンドがどうなのか。陽線なのか陰線なのか。日足の流れのどこにいるのか。レジスタンス付近なのか。サポート付近なのか。

(スキャルピングにおいては)そういったことを気にするよりも、トレードをする時間軸の近々のトレンドを気にした方が勝ちにつながると思っています。


チャートを見る上で、木を見て森を見ずではいけない。というような言葉があります。

ですが、森を眺めていても実を掴み取ることはできません。
掴むどころか、遠くから眺めているだけでは、どこに実があるのかさえもわからないかもしれません。


もちろん、日足や4時間足を見ないと勝てる気がしない、と思われるのなら見るべきです。
手法として、トレードルールとして落とし込めるのなら見た方が良いでしょう。
しかし、日足や4時間足を見ることでトレードにブレが生じるのであれば、一旦見るのをやめてみることをおすすめします。

僕自身、日足や4時間足を見ている時期がありました。
「短期足に惑わされるから勝てない」と思い込んでいたからです。

日足や4時間足の流れに逆らわないトレードをしよう、そう思ったんです。

しかし、検証を続けていくうちに、「やっぱり必要ない」という結果になりました。

1分足でトレードするには、長期足は1本の足を形成する時間の区切りが違い過ぎて、見る必要性を感じなかったから、
そして、見なくても勝てると確信したからです。

サポートやレジスタンスは各時間軸に存在するので、気にし出すときりがありません。
そしてサポートレジスタンスは1分足でも機能します。


仮にトレードスタイルがスキャルピングなら、

1分足の水平線を気にすべきなのか、
日足の水平線を気にすべきなのか。

どちらが重要でしょうか。
僕は間違いなく前者だと思います。

相場は、どれだけ分析したところで、結局は上がるか下がるかしかありません。
そして、どれだけ分析をしたところで『絶対』は存在しません。

なので、チャートを見る上で、惑わされると感じたものは、見ない。
僕はそのようにしています。